スターダスト Stardust

ナット・キング・コール(Nat King Cole/1919–1965)

『スターダスト(Stardust)』は、1927年に作曲されたアメリカのポピュラーソング。歌詞は4年後に付けられた。

これまでに、ルイ・アームストロング、グレン・ミラー、フランク・シナトラ、ビリー・ホリディなど、数多くのアーティストによってカバーされている。ジャズのスタンダード・ナンバーとしても知られる。

中でも、ナット・キング・コールによるカバーは今日におけるスタンダードの一つとなっており、日本では1985年にトヨタ自動車の初代カリーナEDのCMソングとして使用された。

Love Is the Thing SACD ナット・キング・コール

歌詞の内容は? 心に灯る歌の星屑

歌詞の内容は、昔の恋人との楽しい日々の思い出をスターダスト(星屑)に例えた失恋ソングとなっている。

失恋ソングといっても悲壮感は漂っていない。むしろ主人公は、恋愛中の甘く素敵な思い出に浸って、もう一度心の中で恋心を温めなおそうとしているのかもしれない。

【試聴】スターダスト Stardust